preserved flower

贈物には、プリザーブドフラワーか生花か?

ティアラと花束

恋人や配偶者から、記念日や誕生日のプレゼント、お見舞いに花束をもらった女性は少なくないのではないでしょうか。そして、花束をプレゼントされて気分を悪くする女性はあまりいないものです。とはいえ、世の中の全女性が花を好きかといとそうではありません。
アレルギーの人もいますし、花特有の匂いが苦手だという人もいるでしょう。なかには花そのものは好きだけれども、生花は水を変えたりするのが面倒くさいとう女性や、もらっても花瓶がないという人もいるかもしれません。また、生花は工夫次第で持ちが変わりますが、そういった事はやる人とやらない人がいます。もちろん、プレゼントではなく、自ら花を購入し部屋に飾る女性も多くいるでしょう。ですが、最近は貰うなら生花よりもプリザーブドフラワーの方が良いという女性も増えています。プリザーブドフラワーは生花の美しさを保つ為の特殊な加工をしていて、その美しさは数年単位でもつものが殆どです。高温多湿に弱いという特徴もありますが、そういった事さえ気をつければ本当に何もしなくていいのです。
なので、先に述べた花は好きだけど水を変えたりするのが面倒というような、ちょっぴり面倒くさがりの女性にはピッタリです。また、数年単位で長持ちするので、好きな人にもらった花が枯れていく寂しさを感じずにすみます。男性は女性のタイプを見極めて、贈る花を選んでみてください。

UPDATE CONTENTS