preserved flower

CHOICES

プリザーブドフラワーがギフトに最適な理由

かわいらしい花束

「お見舞い時に花を渡したいけど、すぐに枯れてしまうのではないか心配」とか、「水を替えたりする手間を先方にかけさせるのは、どうなの?」と、躊躇してしまう人も少なくないでしょう。と言ってアートフラワー、つまり造花はギフトとしてふさわしくありません。「でも、花を贈りたい」という方にぜひおすすめしたいのがプリザーブドフラワー。特殊加工した生花です。 なぜ、ギフトに最適なのか、その理由をお話ししましょう。まずは、花もちの驚異的な長さ。花の種類や置き場所などの環境によっても違ってきますが、年単位で、花がもつのです。生花でありながら、何年も美しい状態で保つという、魔法みたいな花なのです。ですから、「すぐに枯れてしまうのでは?」という心配をする必要はまったくありません。また、水を必要としませんから、水替えの心配も無用です。さらにリーズナブルというのも、魅力の一つ。というと、プリザーブドフラワーの価格を知っている方は、「ふつうの生花よりも割高なのでは?」と思われるに違いありません。確かに、単純に価格だけ比較すれば、プリザーブドフラワーの方が割高ではありますが、年単位で長く楽しんでいただけるのですから、結果としては割安と言っていいのではないでしょうか。プレゼントやお見舞いにと、あらゆるシーンでおすすめできる花のギフト、それがプリザーブドフラワーです。

母のお見舞いにプリザーブドフラワー

母のお見舞いに花プレゼントしたい!でも、すぐにかれちゃうしな・・・というときにプリザーブドフラワーにしませんか?見た目は生花のようだけど枯れないんです。ずっとプレゼントしたときのままで飾っておけます。 でも、プリザーブドフラワーってよく聞くけど何?ドライフラワーとは違うんだよね?と思ったかたもいるでしょう。簡単にプリザーブドフラワーについて説明します。 プリザーブドフラワーとは、まず生花を脱水作用のある液体につけて脱色します、その花を潤滑液の入った着色液につけます。最後に花を取り出して乾燥したらできあがりです。生花のように、すぐに枯れないし花粉なども飛ばないのでアレルギーの方でも楽しむことができます。 でも、長所ばかりでなく短所もあります。湿気に弱くて破損しやすく、やはり長期間だと色うつりすることもあるのでそういったことも踏まえて生花かドライフラワーかプリザーブドフラワーか考えてお見舞いのプレゼントにするといいですね。 ちなみに、ブリザードフラワーといった表現もみますが(私もそう思っていましたが・・・)日本ではプリザーブドフラワーと言いにくいため、間違った言い方で広まっていたようですが、“プリザーブド”が正しい言い方となります。

思いを込めたプリザーブドフラワーをお見舞い品に

プリザーブドフラワーは、家族・友人・恋人などの大切な人へのプレゼントやお見舞い品として近年人気のある商品です。その理由は、生花の水分を抜いて特殊加工されているので「枯れない」「いつでも綺麗」という利点があるからです。
思い出のお花や葉などをプリザーブドフラワーに加工してもらい、そのままの状態で飾っておくこともできるので、思い出を形として残すことができます。また生花と違って水やりや枯れた花の処理などの面倒な工程を省くことができます。他にもインテリアとしても部屋を明るくさせてくれます。手入れのいらないお花は贈り物としては相手のことを思った商品になっているので人気の理由がその部分でも分かります。また、大切な人への思いも一緒にそのお花に込めて、忘れないよう、無くならないようにプリザーブドフラワーに加工してプレゼントするなどというロマンチックなこともできます。今では、ショッピング・センターなどにも小さくてお手頃な物から大きい物まで売っているので、すぐに買いやすく、自分の目で確認して買えます。
お花屋さんによっては好きな花を加工してくれるところもあり、手が出しやすい商品です。プリザーブドフラワーの入れ物も、デザイン性の高いものが多く、天使の入れ物だったり、ハイヒールの形をした物だったりと受け取り手の好みによって変えることもできます。

UPDATE CONTENTS